女子社員が結婚するパターンは二つあります

女子社員が結婚するパターンは二つあります。


一つは社内結婚であり、あとの一つは社外の男性との結婚です。
社内の場合には、直前まで隠している場合と早い段階から公にしている場合があります。

女子社員が退職してから相手が社内の男性だと分かることがあります。
社内結婚の場合には、男性側と女性側両方の上司及び同僚などの出席となりますので大人数の参加になります。



女子社員で入社2年ほどで社内結婚した例がありました。

宮崎の予備校のお得情報を用意いたしました。

これは当初から公に交際をしていましたので、知らない人はいませんでした。



挙式において男性側上司としては工場長及び職場長であり、女性側上司としては総務部長および総務課長でした。
男性の学校関係の出席者は仲人を務めた教授を始め同じ社内においても職場別の垣根を超えて先輩及び後輩が多数出席しました。
その女子社員は退職して新郎の両親と同居しました。

デザインの専門学校情報の差に驚きました。

また、社外の男性と結婚した例としては、一身上の都合で退職してからしばらく期間を置き挙式した女性がいます。
その女性はエアロビックスを趣味としていたのですが、それが高じて海外に行き研修をしたい希望がありました。

普段よりその話をしていましたので、退職はしても結婚はまだ先のことと思っていたところ、挙式の連絡が入ったのです。
海外でエアロビックスを少し学んでから帰国後、親の勧めで見合いをしたところ、話がまとまり挙式の運びとなりました。


式場では久しぶりの再会でいろいろ話に花が咲きましたが、幸せを祈るばかりです。


結婚は新しい人生の始まり結婚は夫婦になることであり、社会的に継続的に共同体をつくる契約、家族になることです。夫と妻の関係になり、お互いに協力をして生活をしていきます。



人生の一生のパートナーを見つけることは容易い事ではありませんが、自然と一緒にいたい人を感じることができます。



付き合いの中で、結婚までの道のりがあり、結婚がゴールとよく言われますが、結婚はスタートにすぎません。
違う家庭で、育った環境が違う二人、他人との共同生活の中で学べるものはたくさんあります。

生活の中で、価値観が一緒というのが大切ですが、価値観が似ていても、ぴったり一致する人はいないので、いかに相手に合わすことができるのかが、重要になってきます。

お互いを理解し、受け入れていくことで、いつまでも仲良く家庭を築いていくことができます。

結婚式では、神様と知人、家族、今までお世話になってきた人達の前で、病気の時、健康な時もどんな時でも共に生きて行くことの誓いを立てます。
その誓いを守り通すためにお互いに手を取り合い、協力していくことがとても大切です。

人生は長いのでいろいろな困難や壁に当たる時もありますが、相手を信用し、信頼することで乗り越えることができます。

https://job.tsite.jp/job-offer?fe=50

それが家族です。



日々の生活の中で相手を信じる事の難しさ、一緒にいることが当たり前になり、大切さを忘れずに生きていく事、簡単な事ではありませんが、思いを伝える事、相手を思いやる気持ちで人生を歩んでいく事が結婚です。

関連リンク